はたら看護。看護師さんの求人、転職 | ヒューマンインプリンク

看護師さんの求人、転職情報は看護師求人サイト「はたら看護」

はたら看護フリーダイヤル:0120-980-027

看護クイズ結果発表

MHさんの看護クイズ結果

90 点 / 100 点 満点中

  • 第 1 問
    頭蓋内圧亢進の代償期にある患者にみられるバイタルサインの特徴はどれか。
    〇 正解

    ○ 3. 脈圧の増大

  • 第 2 問
    離乳について適切なのはどれか。
    〇 正解

    ○ 3. 離乳を開始して1か月を過ぎたころから1日2回食とする。

  • 第 3 問
    人工股関節全置換術を受けた患者で麻痺をきたす危険性が高いのはどれか。
    〇 正解

    ○ 2. 腓骨神経

  • 第 4 問
    日本人の食事摂取基準(2010年版)において、摂取量の減少を目指しているのはどれか。
    〇 正解

    ○ 3. ナトリウム

  • 第 5 問
    入院中の4歳児への倫理的配慮として適切なのはどれか。
    〇 正解

    ○ 4. エックス線撮影をする際は事前に本人に説明する。

  • 第 6 問
    災害時において最も優先して治療を行うのはどれか。
    〇 正解

    ○ 4. 気道熱傷

  • 第 7 問
    Aさん(88歳、男性)は、脳梗塞(cerebral infarction)の後遺症で、要介護5の認定を受けている。Aさんは意思を明確に表出できない。63歳の娘が介護を行っている。娘が食事形態を工夫して摂食の援助を行ってきたが、これまでにAさんは2回の誤嚥性肺炎(aspiration pneumonia)を起こしている。今回、3回目の誤嚥性肺炎(aspiration pneumonia)で入院し、低栄養状態を改善するための栄養管理方法の1つとして、医師が娘に胃瘻の造設を提案した。Aさんは胃瘻を造設しないで、自宅で療養することになった。退院後に訪問診療と訪問看護とを受ける手続きをして退院した。退院後3日、訪問看護師はAさんの自宅を訪問した。Aさんを援助するための情報で最も重要なのはどれか。
    × 不正解

    × 1. 身体活動性

    ○ 2. 経口摂取の状況

  • 第 8 問
    Aさん(56歳、男性)は、若いころテニスの選手で、現在も趣味でテニスを続けている。膀胱癌(bladder cancer)と診断され、膀胱全摘除術・回腸導管造設術の手術目的で入院した。Aさんは「外来で病名を聞いたときは動揺しましたが、家族と話し合い、今は心の準備ができています」と看護師に話した。手術までの観察項目で緊急の処置を必要とする可能性があるのはどれか。
    〇 正解

    ○ 1. 尿閉

  • 第 9 問
    精神障害者(institutionalism)の施設症の予防策として、最も適切なのはどれか。
    〇 正解

    ○ 4. 地域住民との交流の機会を増やす。

  • 第 10 問
    慢性腎不全(chronic renal failure)で正しいのはどれか。24
    〇 正解

    ○ 5. 代謝性アシドーシスを起こしやすい。

数多くの求人から、あなたにあった求人をご提案。納得のゆく転職先をご案内します。

スタッフ仮登録・お問い合わせ

TOPへ